ニキビの原因となるアクネ菌とは

思春期になると、男性ホルモンの影響により、毛穴からの脂肪分泌(皮脂成分)の分泌が盛んになります。
この皮脂成分が毛穴に詰まり、さらに皮膚の表面にできた古くなった、はがれ落ちる皮膚の成分(角質)がさらに毛穴に入り込み、ブツブツ(面ぽう)が出てきます。
この状態が黒ニキビとか白ニキビです。
毛穴の奥には、普通誰でもアクネ菌という細菌がすんでおり、皮膚をわずかに酸性にして、ほかの細菌が増殖するのを抑えていますが、皮脂が毛穴につまった状態になると、空気の嫌いなアクネ菌が異常に増殖を始めます。この状態になると、ニキビは、赤くなってきます。
アクネ菌がさらに、皮膚の下の方で増殖を始め、毛包をくずしはじめると、ニキビは黄色くなってしまいます。
黄色ニキビになると、ニキビそのものが治療でなおってもニキビ跡が残ります。
ニキビになったとわかると、皮膚科で受診するのが一番よい方法です。
2008年にアダパレンというニキビに面ぽうを作らさないようにする薬が、皮膚科で処方薬として認められました。
面ぽう(黒ニキビや白ニキビ)ができないと、ニキビの表面に膜ができないので、ニキビは快方にむかいます。
ただ、アダパレンは使い始めると最初皮膚にピリピリ感がでたり、赤くなったり、細かい皮膚がはがれ落ちたりという随伴症状が現れます。この症状は、それでも1カ月くらいすると治まり、殆どの方で4カ月くらいすると皮膚はきれいになります。
ニキビが再発しないようにするには、日常の洗顔を行い、毛穴をつまらせないようにする事が大切です。
その時皮膚をごしごしこすったりして皮膚を傷める事もしてはいけません。
ぬるま湯で1日2回、穏やかな洗顔料を使い、優しく洗顔をしましょう。
洗顔料を皮膚に残さない事も大切です。
そして、面ぽうが、でると早く皮膚科でアダパレンを処方してもらいましょう。