ニキビができない肌のつくり方

人は十代後半になると、思春期になり、男性ホルモンの影響で、毛穴から出る皮脂成分の分泌量が増えます。
この皮脂が毛穴をふさぎ、皮膚からはがれ落ちた角質が、さらに毛穴をふさぐことにより、黒ニキビの状態になります。
この穴を面ぽうというぶつぶつができて来た状態が白ニキビです。
さらに、毛穴の奥にいつも住んでいるアクネ菌が、毛穴が詰まることにより、増殖をして、ニキビが赤く膿んできて、赤ニキビとなります。
さらに、アクネ菌が皮膚の奥に進むと、膿の量が増えもう法の組織が破壊され、黄色ニキビとなってしまいます。
ニキビは、きちんと対処をすれば治る病気です。
ドラッグストアに売っているニキビの薬は、皮脂を少なくし、毛穴の出口をふさぐ角質を取り除く薬と炎症を抑える薬です。
スキンケア化粧品はニキビを予防するものと、ニキビを治療するものがありますが、使い方を間違えるとニキビを悪化させてしまいます。
ニキビを確実に治すには、皮膚科を受診する事です。
現在、ニキビ治療薬アダパレンが2008年に使用を許可されています。
アダパレンは、ニキビの面ぽうをできなくする薬ですので、現在ニキビになっている肌に使うことにより、ニキビの毛穴の詰まりを取り除きます。アクネ菌は、毛穴がスムースに通過すると生きる事が出来にくい菌となりますので、ニキビそのものは、消えてゆきます。
赤ニキビなど運でいる場合は、抗生物質を一緒に使う場合もあります。
さらに、面ぽうをできなくしますので、新しいニキビが出来なくなるのです。
ただ、このアダパレンは、使い始めると皮膚が赤くなったり、乾燥したり、薄皮が細くむけたり、皮膚にピリピリ感が出たりします。
このような随伴症状が、約80%の方にでますので、この作用のために治療を中止する方がいますが、約1カ月辛抱をすると、皮膚の状態はよくなり、ニキビのできない肌になってきます。